紫外線対策にクリームを塗りますが

紫外線対策に日焼け防止クリームを塗って肌を保護しますが、一度塗ってしまえばその日は大丈夫、というわけではありません。
気温、湿度が高いと人間誰しも汗をかきます。汗をかけばタオル等でふき取りますが、そのときに一緒にクリームも拭き取られてしまいます。
一定時間おきに日焼け防止クリームを塗らなければ十分な紫外線対策にはならないのです。その時間ですが、だいたい2〜3時間おきに塗り直すのがよいようです。汗のかきかたにより時間を調節する必要がありますが一つの目安として参考にしてください。
またUVカット機能付きの服も販売されています。ファスナーの部分に紫外線の強度がわかる機能がついたものも販売されています。
各々の取り入れられるものから取り入れて紫外線対策を始めましょう。

紫外線対策クリームはこちらです!

クリームを購入されて、正しく使用していただき、紫外線対策を完璧におこない肌トラブルとは無縁の生活をなさってください。
posted by 紫外線対策NO1 at 06:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線対策にサングラス?

紫外線が皮膚だけでなく目にも悪いことは知られてきました。
では目を守るためにはどうすれば良いのでしょうか?
サングラスがもっとも効果的なのでは?と考える人が多いかと思われます。色も付いてますし光を遮るためにかけるものですので有効な気がします。
しかし、サングラスは、他のめがねと比べると、それほど効果的なものではないようです。普段眼鏡をかけない人が、眼鏡をかけている人と同じ紫外線カット効果を期待してサングラスを選ぶ分には有効かと思われます。
濃い色のサングラスは目の瞳孔を大きく開かせる作用を持っていますので、サングラスを通して浴びることになる紫外線の量は大きくなっていまうのです。
サングラスを紫外線対策として使う場合には、なるべく色の薄いものを選択しましょう。
正しい使い方で紫外線対策を万全におこないましょう。

紫外線対策サングラスはこちらです!

紫外線対策用サングラスも各種販売されています。お好みの商品をお選び頂き、一刻も早く紫外線対策をされることを願っております。
posted by 紫外線対策NO1 at 06:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線対策 いつもは実践しているのですが

紫外線には気を付けてはいたのですが・・・
急に出かけることになってしまい・・・
普段から紫外線に注意をしていても、うっかり日焼けをしてしまうこともあります。
日焼けとは肌の炎症です。なってしまったらまずは日焼けした部分を冷やしましょう。水を溜めて氷などでよく冷やし、患部を刺激しないようにして静かに浸しましょう。
日焼けをしてしまった肌は非常に敏感でデリケートです。日焼けの症状が大きいと、痒みを感じたり水ぶくれになってしまいます。そんなときは間違っても水ぶくれを潰したり、肌を強く掻いたりするようなことは厳禁です。傷口からばい菌が入り、化膿してしまったりするので、病院などで専門医で受診しましょう。
どんなに紫外線対策を普段していても、対策を忘れたり、できなかったりすることがあります。
日焼けをしてしまった後の対策も普段から頭にいれておきましょう。
posted by 紫外線対策NO1 at 16:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線対策に洋服を選ぶ

紫外線対策のために洋服の選び方で工夫しましょう。紫外線を通しにくい黒や茶色などの濃い色をお勧めします。夏にそんな色の服を着たら熱を反射しないので暑くてしょうがない、とお思いでしょうけれども、白色やパステルカラーのような薄い色の洋服は、紫外線を通してしまうので、紫外線対策上はお勧めできないのです。
また、洋服の素材ですが、ポリエステルと綿の混紡がよいとされています。紫外線を8割くらいカットしてくれます。
一番いいのはポリエステル100%の素材の洋服ですが、真夏ににポリエステルの洋服では通気性もよくないので暑くて着ていられません。実用性からみると綿との混紡素材がよいということになります。
このように、洋服の選択ひとつからでも紫外線対策になるのです。
どうしても夏に暗い色の服を着るのがイヤな方は洋服の素材のほうで調整したりできますので、ご自分の許容範囲の中で適宜洋服を選択してください。
posted by 紫外線対策NO1 at 06:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線対策はレジャーでも必須

紫外線対策を忘れがちになってしまうのが夏休みかもしれません。家族でレジャーに向かうときには子供など特にテンションが高くなり、紫外線対策など後回し、なんてことも。
夏のレジャーとして真っ先に思い浮かぶのは海水浴です。海水浴に行くときは、日焼け止めクリームを塗ることは紫外線対策上、最重要課題です。持参するのを忘れないようにしましょう。
日焼け止めクリームのタイプはウォータープルーフのものを使用して、しっかりと紫外線をカットする必要があります。
最初に子供に塗ってあげてください。海を見ればすぐに走り出すでしょうから。塗らないと遊ばせないよ、と宣言すれば普段日焼け止めを塗らない子供でも、素直に塗ってくれるでしょう。
直接日光を浴びないようにテントやパラソルのような屋根付きのものを準備して休憩することも紫外線対策上、重要です。遊ぶときだけでなく、休憩時間にも気を配りましょう。
登山、ハイキングにも出かけることでしょう。高地でのレジャーのため紫外線対策がおろそかになりがちになってしまいますが、決して紫外線対策を怠ってはいけません。標高が高くなるにつれて、紫外線の強さは増していきます。気温が低くなりますので、一枚羽織れる長袖の上着のようなものを用意しておけば防寒対策にもなるでしょう。帽子も忘れずに準備して出発しましょう。
posted by 紫外線対策NO1 at 16:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線は目にも悪い

紫外線で皮膚に悪い影響がある、という事は一般的な知識として浸透しています。
皮膚はもちろんですが、目にも悪影響を及ぼすことも最近一般的に知られてきました。
目の紫外線対策をすると、老眼などの進行を遅らせることができる、とテレビの情報番組でも紹介されていました。
目の紫外線対策として簡単にできることですが、紫外線カットのメガネを掛けることです。
サングラスでもいいのでしょうか?できれば紫外線をカットするものかどうか確認してから購入したほうがよいでしょう。
注意点ですが、紫外線をカットする性能が同じなら黒いものよりクリアのもののほうが目にはいいそうです。黒っぽいものですとメガネの廻りから紫外線が目に入るのが理由です。
今では外での現場作業に使用する保護メガネでも紫外線カットの機能を兼ね備えたものも販売されています。普通のサングラスと見た目が変わらない商品も販売されていますので外見が気になる方にも安心です。
インターネットが発達し、パソコン作業をする時間が増えています。目を酷使する時代になってしまいました。紫外線の対策だけのためではなく、これから先の人生のためにも目の養生が必要です。
少ない値段で目を保護して目の老化を遅くすることが出来るのなら安いものです。ものすごい割の良い投資と考えることができます。
ちなみに、完全に目の老化を止めることは不可能だそうです。目を養生して老化スピードを遅くすることが最善の方法なのです。
posted by 紫外線対策NO1 at 06:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の紫外線対策の方法

子供の紫外線対策として手軽なのは帽子です。最近は子供用としてかわいくておしゃれな帽子がいろいろと出ています。
子供の好みのものを子供自身に選ばせれば抵抗無く着用してくれるでしょう。
つばの広さが大きいものほど紫外線の対策に有効ですが、いつも被るものですから子供が気に入ったものを優先して購入しましょう。
理想的なのは麦藁帽子ですが。大人が率先して普段から麦藁帽子を被っていれば子供も親と一緒だから、と選択するかもしれませんね。
頭から首筋にかけては帽子を被ることで紫外線の対策ができますが、その他の露出する部分には日焼け止めクリームで保護しましょう。
露出部分を隠すために、真夏に長袖の服を着ていては暑くてどうしようもありません。日傘を差してくれれば良いのですが、差していては運動できません。やはり日焼け止めクリームで保護するのが紫外線対策として有効になるのです。
しかし、子供の肌は敏感です。日焼け止めクリームを塗ることによって肌にダメージを与えないか心配です。子供には紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めクリームを使うか、子供用と表示してある日焼け止めクリームを選択しましょう。
posted by 紫外線対策NO1 at 16:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線予防に日焼け止め化粧品を

紫外線を予防する日焼け止め化粧品には、酸化亜鉛や酸化チタンといった金属の微粒子化合物の粉末を肌に塗ることによって紫外線を肌の上で散乱・反射させるタイプがあります。
また、UV-Aを吸収してしまうA波吸収剤のt-ブチルメトキシジベンゾイルメタンやB波吸収剤のメトキシケイヒ酸オクチル等を使ったものがあります。これは、紫外線のエネルギーを吸収して熱に化学変化させて放出するものです。
その他に日焼け止め化粧品の耐水性や皮脂対策、乾燥やつっぱり感などの使用感の向上を計るためにいろいろなスキンケア成分や美白成分などが使われています。
日焼け止めは、これらの特性を単独でもしくは組み合わせて紫外線をカットし、肌を紫外線から守っているのです。
日焼け止め化粧品を購入する時に、SPFとかPAという言葉を目にするのではないでしょうか?これらは、いずれも紫外線防止効果の指標です。

SPF Sun Protection FactorUV-B
サンバーン防止効果を示す数値。数値が高いほど、効果が高いとみなされる。ただし、塗布量や化粧くずれ等で効果が低下する。

SP Protection Grade of UVA UV-A
即時黒化を利用したUV-Aの防止効果を示す指標。PA+の+の数が多いほど効果が高いとみなされる(3段階あります)。
即時黒化とは、主にUV-Aにより一時的に皮膚が黒くなる現象のことです。

普段の日常生活で浴びる紫外線はSPF10やPA+で対応できます。マリンスポーツやアウトドアなど屋外に長時間いる必要がある場合には、日焼け止めの指数の高いものを適宜選択しましょう。
美白や老化を予防するためにも、紫外線には当然当たらない方がいいでしょう。しかし外にまったく出ないで生活する、というのは不便極まりないですね。日焼け止め化粧品を上手に活用してみませんか。
posted by 紫外線対策NO1 at 06:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供と紫外線の関係性

世界保健機構(WHO)は、子供の紫外線対策の必要性を訴え続けています。
子供に紫外線対策が重要な理由として下記の5点を挙げています。

1、 子供時代は細胞分裂も激しく、成長が盛んな時期であり、
   大人よりも環境に対して敏感である
2、 子供時代(18歳未満)の日焼けは後年の皮膚がんや
   眼のダメージ(とくに白内障)発症のリスクを高める
3、 生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びる
4、 紫外線被ばくは、免疫系の機能低下を引き起こす
5、 子供たちは室外で過ごす時間が多いため、太陽光を浴びる機会が多い

紫外線対策をする必要は大人よりも子供のほうが重要だ、ということを世界保健機構では声を大にしています。
子供は屋外で元気に遊ばせてあげたいものですが、一方で紫外線の対策を子供に施さなければ将来なんらかの病気になる確率が上がってしまいます。すぐに紫外線対策を子供にやってあげましょう。
posted by 紫外線対策NO1 at 06:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線予防に良い食事を普段から心がけましょう

紫外線を浴びて日焼けしてからあわてないよう、普段から栄養をたっぷりとって紫外線のダメージを受けない体づくりを考えることも大切です。紫外線対策に有効な栄養素をしっかり把握しておきましょう。
紫外線対策に有効な栄養素1 ビタミン類
ビタミンB2:うなぎ、いわし、ぶり、豚レバー、牛レバー、鶏レバーなどに含有しています。効果としては、皮膚の新陳代謝を高めてくれたり、細胞の成長、再生を促進するはたらきがあります。
ビタミンC:赤ピーマン、カリフラワー、イチゴ、ブロッコリー、芽キャベツなどに含有しています。効果としては、コラーゲン合成の促進や、紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を抑えてくれます。
ビタミンE:はまち、うなぎ、アーモンド、ひまわり油、かぼちゃなどに含有しています。効果としては、活性酸素の作用で不飽和脂肪酸から過酸化脂質に細胞膜が変質するのを防止する。自ら酸化しながら活性酸素を抑えこむが、ビタミンCを一緒にとるとすぐに還元されます。
β-カロテン:モロヘイヤ、明日葉、小松菜、しゅんぎく、ほうれん草、だいこん菜などに含有しています。効果としては、β-カロテンが体内で代謝されて必要な分だけビタミンAになり、残りのβ-カロテンが活性酸素を抑えてくれる。また、ビタミンAには発がんを抑制したり、皮膚の免疫機能やバリア機能を維持するはたらきもあります。
紫外線対策に有効な栄養素2 ミネラル類
亜鉛:うなぎ、かき、豚レバー、鶏レバー、牛レバー、牛もも肉、鶏ささみなどに含有しています。ミネラルが充分摂取できないと、紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下してしまします。ミネラルは細胞の再生に必須な栄養素です。
セレン:小麦胚芽、玄米、ぬか、麹、いわしの丸干し、しらす干しなどに含有しています。ビタミンC、E、β-カロテンなどの抗酸化ビタミンと一緒に摂取すると、発がんを抑制してくれます。紫外線によって酸化した皮膚の細胞膜の分解を促進します。
紫外線対策に有効な栄養素3アミノ酸
L-システイン:卵、ねぎ、豚レバー、豚ひれ肉、ハチミツなどに含有しています。効果としては、皮膚において強い抗酸化作用を発揮し、皮膚細胞を守ります。メラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンを減らすため、しみ防止効果もあります。
紫外線に負けない食事を心がけましょう
posted by 紫外線対策NO1 at 06:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。